57. 京都府京都市 京都テルサ プール~背泳ぎの難易度が高いプール~

京都市,京都府京都 プール,京都テルサ,京都テルサフィットネスプラザ,京都市 プール,京都駅 プール京都市,京都府,京都テルサフィットネスプラザ,京都市 プール,京都駅 プール

〇これまでに行ったプール〇

 各ピン(赤い水泳マーク)の「説明」内にそのプール記事へのリンク(URL)を記載しています。

【紹介57か所目】

プール(出典:京都テルサ

 この記事では、京都府京都市にある「京都テルサ プール」についてご紹介します。このプールは会員制ですが、「ビジター」として(一回2200円とかなり高いですが)誰でもいつでも利用できます。

 筆者が泳ぎに行ったのは2022年2月3日(日)18時頃です。

 「京都テルサ プール」は「背泳ぎがしにくい(紐のガイドあり)」「練習メニューのサンプルがある」「一周100Mの流水プールがある」「室温にムラがある」「ビジターは3レーンしか使えない」が特徴です。

 以下、基本情報からまとめます。

1. 基本情報(料金、営業時間、アクセスなど)

プール(出典:京都テルサ

・アクセス

 〒601-8047 京都府京都市南区東九条下殿田町70

出典:グーグルマップ

 〇電車 

  地下鉄「九条」駅徒歩5分・近鉄「東寺」駅徒歩5分・JR京都駅(南北自由通路八条口)徒歩10分

 〇バス

  市バス「九条車庫」すぐ

 〇車

  名神京都南インターより車で10分

 京都駅から一番近いプールではありますが、歩くと(公式HPでは10分となっていますが)15分ほどかかります。駅からバスで行くのがおすすめです。

・営業時間

 平日 9:30~22:00(最終入場21:15/利用は21:30まで)

 土曜日 9:30~20:30(最終入場19:45/利用は20:00まで)

 日祝日 9:30~19:00(最終入場18:15/利用は18:30まで)

・休館日

 毎週水曜日・その他年末年始(12/28~1/4)

・空いている時間帯

 スタッフ曰く、「夕方が空く」そうです。

 私が行った時間は1レーンに0~1人で空いていました。

・料金

 基本は会員制なので、一般の人が使う場合は「ビジター利用」となります。下記の通り高いです。

対象料金
大人2200円
子供(中学生以下)1100円
料金表

・駐車(輪)場、料金

駐車場入口(筆者撮影)

 「京都テルサ」の駐車場が利用できます。

営業時間8:00~22:00
料金最初の30分以内無料、30分を超え1時間以内440円以後30分毎に220円の加算、上限1,700円
午後10時~翌朝8時まで留め置き可能(料金1,000円)
台数180台
高さ制限2M10cm
駐車場
駐輪場(筆者撮影)

 駐輪場もあります(無料)。

・電話番号

 075-692-3464

・入場方法

 テルサ西館に入り、4階へ行き、券売機で「ビジター利用(プール)」の券を購入し、受付で一通り説明を聞き、ロッカーのカギを受け取り入場します。プールは5階にあり、更衣室→シャワー→螺旋階段→プールという道順となり、施設に入るところからプールに入るまで少し時間がかかります。

西館入口(筆者撮影)

・ロッカー料金、リターン式か否か、ロッカーの大きさ

ロッカー(筆者撮影)

 ロッカーは鍵の指定の場所を利用するので無料です。すべて縦長のロッカーです。

・水深・レーン数

プール(出典:京都テルサ

 1.2~1.3Mが6レーン+10Mほどのスロープです。ただし、「ビジター」が利用できるのは3レーンのみ(上記写真左の3レーン)です。会員専用の3レーンとビジター・会員の両方が利用できる3レーンに分かれています。プールは両端が浅く中央が深い構造です。 

・水温

 表示されていませんでしたが、体感的に31℃ぐらいでした。少しぬるめです。

・バリアフリー

 通路は余裕があり、バリアフリートイレ、更衣室入口のスロープ、各所の手すり、プール内のスロープ等がありますが、更衣室~プールは(螺旋)階段しかないのでここは大きな問題点だと思います。私が見た限りではエレベーター等は見当たりませんでした。

螺旋階段(出典:京都テルサ

2. 詳細情報(休憩の有無、プルブイ・ビート板の貸出など)

・休憩(全員プールから上がって休憩する)

 ありません。

・水質

 きれいです。25M先の壁が見えます。

・レーン表示、1レーンあたりの幅

 表示は「初心者コース(水中歩行可)」「25M単位で泳ぐコース」「50M以上泳ぐコース」等です。ビジター利用の3レーンは「初心者コース(水中歩行可)」「25M単位で泳ぐコース」「50M以上泳ぐコース」でした。

 幅は普通です。

・水分補給

 プールサイドで可能です。

・ウォータークーラー

 プールエリアにあります。コロナ対策で自分のボトル等に入れて飲む(直接飲むのは禁止)形式でした。

・ビート板、プルブイ、ヘルパーの貸出

 長方形のビート板(大)、プルブイ(水泳選手用・8の字型・円柱の3種類)があります。

・ジャグジー

ジャグジー(出典:京都テルサ
打たせ湯(出典:京都テルサ

 2か所と打たせ湯、寝湯(5人分)があります。打たせ湯はかなり勢いが強く、痛いです。

・休憩場所

 プールサイド等で可能です。プールサイドに白い椅子と机のセットがあります。

・子供用プール(浅いプール)

 ありません。

・シャワー室の有無

シャワー室(筆者撮影)

 5人分あります。

・採暖室の有無

ミストサウナ(出典:京都テルサ

 ミストサウナがあります。

・ギャラリー(観客席)

 ありません。

・時計(24hを確認するための時計等)

 プールサイド壁上部にデジタルの赤字で表示されています。

・スポーツタイマー(水泳用の赤い長針・青い短針のみの時計)の有無

 プールサイドに3台あります。スタート側から見ると、左斜め前、正面奥、右後ろにあります。

・体重計

 ありません。

・脱水機

 ありません。

3. その他特徴

 ①屋根が低く、ドーム型になっており、背泳ぎは方向感覚が狂いやすく泳ぎにくいです。ただし、旗と旗の間の20Mだけ各レーンに紐が結ばれており背泳ぎのガイドになっています。(それでも泳ぎにくいのには変わりありませんが。)

 ②プール近くに練習メニューのサンプルがあります(メニューのカードが掛けられています)。トータル800Mのものと1000Mのものがあります。

 ③「一周100Mの流水プールがある」。ウォーキング用です。流れはさほど強くありません。

流水プール(出典:京都テルサ

 ④室温にムラがあります。プール近辺は暖かいですが、それ以外の場所(流水プール周辺やプール~更衣室間等)は寒いです。

 ⑤ビジター利用時は、会員専用スペースの浴室&サウナ、パウダールーム、リラクセーションルームが利用できません。

4. 総評・ギャラリー

 5点満点で2

 人は少なめですが、料金が高め(ビジターの場合)で、何より背泳ぎがしにくいプールです。

 水泳選手等、特に背泳ぎに自信がある人は逆に自分の感覚を鍛えるトレーニングになると思います。