36. 兵庫県神戸市 王子プール~動物園隣接のプール~

2022-01-18兵庫県,神戸市レジャープール,兵庫 プール,屋外 プール,王子プール,王子公園,王子動物園,神戸 プール兵庫県,神戸市,屋外 プール,王子プール,王子公園,王子動物園,神戸 プール

〇これまでに行ったプール〇

 各ピン(赤い水泳マーク)の「説明」内にそのプール記事へのリンク(URL)を記載しています。

 この記事では兵庫県神戸市にある「王子プール」についてご紹介します。

50.jpg
プール(出典:王子プール

【紹介36か所目】

 「王子プール」は体育館やトレーニングルーム等がある「王子スポーツセンター」の一部です。夏季(7月~9月)のみの営業(今年は7月1日~9月5日)で、50Mプール・25Mプール・子供用プールがあります。

 屋外でほぼレジャーのプールです。この記事では50Mプール・25Mプール両方を扱います。

 筆者が泳ぎに行ったのは2021年7月13日(火)15時頃です。

 「王子プール」は「(50Mプールは)水温が快適」「キャップ不要」「レーンロープが一本しか無い(50Mプール)」「旗が無い」が特徴のプールです。

 以下、基本情報からまとめます。

1. 基本情報(営業時間、空いている時間帯、アクセスなど)

50Mプール(中央)、25Mプール(左奥)、子ども用プール(右奥)。(出典:まっぷる

・営業時間

 9:00〜17:00(最終入場16時00分まで/遊泳時間16時30分まで)

・休館日

 ありません。夏季のみの営業とはいえ無休は少し珍しいですね。

・空いている時間帯

 スタッフさん曰く、「平日の午前中が空く」そうです。

 私が行った2021年7月13日(火)15時頃は泳ぐレーンには私を除き4人ほどいました。後述しますがそもそもプールがレジャー向きのためあまり泳げませんでした。

・アクセス

 住所:〒657-0805 兵庫県神戸市灘区青谷町1丁目1-1

 出典:グーグルマップ

電車:阪急神戸線「王子公園駅」徒歩10分、J R神戸線「灘駅」徒歩10分

バス:三宮から2系統(野崎通り3丁目バス停)、90、92系統(王子動物園前バス停)いずれも約20分

周辺地図(縮小版。プールは「王子スポーツセンター」内。出典:王子プール
周辺地図(拡大版。出典:王子プール

 プールは王子動物園の北にあります。動物園の西側の急こう配の坂を上って行くと途中にプールの看板と門があるので、そこから入ります。

プール入口(筆者撮影)

・料金

個人利用(一般)利用料金
高校生以上(一回)350円
高校生以上回数券(11枚綴り)3,500円
中学生以下(一回)150円
中学生以下回数券(11枚綴り)1,500円
料金表(一般)
個人利用(障害者)利用料金
高校生以上(一回)150円
高校生以上回数券(11枚綴り)1,500円
中学生以下(一回)80円
中学生以下回数券(11枚綴り)800円
料金表(障害者)

 ※障害者の介助者はプールを障害者料金で利用可能(1名のみ)。

・駐車(輪)場、料金

 プールの北側に24時間営業の駐車場(普通車のみ)が二か所(北、57台/南、65台)と、南側(幹線道路沿い)に王子動物園駐車場(9~17時、毎週水曜日休み)があります。プールの北の駐車場の方が近いです。

 プール北側の二か所の駐車場の料金は、最初の30分無料、以後30分毎に100円、最大料金は21時30分前に出庫の場合1,100円、翌朝8時30分までに出庫の場合1,500円、21時30分~翌朝8時30分までの場合1,100円です。

南駐車場 (出典:神戸市立王子スポーツセンター

 王子動物園駐車場の料金は0~2時間まで30分150円、2~4時間まで30分100円、4時間以上30分50円です。

 駐車場の料金はプール北側の駐車場と南側の王子動物園駐車場でさほど差は無いので、坂の上り下りを考えるとやはり北側の駐車場がおススメです。

 駐輪場はプール入口付近にあります。無料です。

駐輪場(筆者撮影)

・電話

 078-802-0223

・入場方法

チケット(筆者撮影)

 入口でコロナ対策の用紙を記入と検温(スタッフの手動)をし、券売機でチケットを購入し、すぐ近くの受付でチケットを渡して入場します。

・ロッカー料金、リターン式か否か、ロッカーの大きさ

 ロッカーは100円のリターン式です。

 ロッカーは小さめです。

更衣室(筆者撮影)

 更衣室まで靴で入れますが、靴袋等がありませんビニール袋等を持参することをおススメします。

・水深・レーン数

 50Mプールは1.3~1.6M×9レーン、25Mプールは0.9~1.3M×6レーンです。両端が浅く中央が深くなる構造です。

 25Mプールは片方の端が1.1M、中央が1.3M、もう片方の端が0.9Mです。0.9Mになると大人は普通に泳げない(クロールだと手が底に接触する等)ので25Mプールはほぼ子供用です。また、両端の壁付近の水中に出っ張った段(?)があります。気をつけないと足をぶつけたりするので危険です。

25.jpg
25Mプール(出典:王子プール

 25Mプールは私はまともに泳げませんでした。

・水温

 表示されていませんでしたが、50Mプールは体感で28℃くらい、25Mプールは31℃くらいでした。

 50Mプールは冷たくて気持ち良いです。屋外プールはぬるいことが多いですが王子プールの50Mプールは快適です。

・バリアフリー

 プールは1Fですが、段差や階段が多いです。プールも垂直に乗降するタイプ(金属製)の階段なので誰でも使いやすいとは言えません。

2. 詳細情報(休憩の有無、プルブイ・ビート板の貸出など)

プール(出典:KissPress

・休憩(全員がプールから上がって休憩する

 毎時30~40分の10分間が休憩時間です。アナウンスが流れます。

・水質

 50Mは綺麗、25Mはやや汚めでした。

・レーン表示、1レーンあたりの幅

 50Mプールは計9レーン、25Mプールは計6レーンです。

 レーン表示はありません。50Mプールは看板に一応「1・2レーンは連続で泳ぐレーン」という趣旨の文言があり、プール内に一本だけレーンロープが張られており、泳ぐレーン(計2レーン)とそれ以外(計7レーン)で分けられています。泳ぐレーンの2レーン間のレーンロープが無いため、すれ違い等に気をつけなければなりません。また、「右側通行」という表示はありませんでしたが、私が行った時は泳ぐ人たちは右側通行で泳いでいました。

 レーンの幅は普通です。

・水分補給

 プールサイドならどこでも飲食可能です。

keisyoku.jpg
売店(出典:王子プール

 現在はコロナ対策で営業を休止していますが、通常時は売店があり、おにぎり・焼きそば・カップラーメン・から揚げ・フランクフルト等の軽食が販売されています。

jihanki.jpg
自販機(出典:王子プール

 アイスクリームや飲み物の自販機もあります。

・ウォータークーラー

 ありません。

・ビート板、プルブイ、ヘルパーの貸出

 いずれもありません。

・ジャグジー

 ありません。

・休憩場所

 プールサイドにベンチや小さい広場(寝転べる場所)があります。屋根(テント)がある場所もあります。

・子供用プール(浅いプール) 

youji.jpg
幼児用プール(出典:王子プール

 25Mプール横にあります。水深は0.3~0.6Mで面積は800㎡とかなり大きいです。縦30M×横25Mぐらいです。

・シャワー室の有無

 更衣室に9名分あります。6台は水しか出ません。

・採暖室の有無

 ありません。

・ギャラリー(観客席)

 「観客席」が2階にあります。誰でも利用できます。

・時計(24hを確認するための時計等)

 ありますが50Mプール・25Mプールのいずれからも遠く、見にくいです。

・スポーツタイマー(水泳用の赤い長針・青い短針のみの時計)の有無、大きさ

 ありません。

・体重計

 ありません。

・25Mプールと50Mプールの行き来

 可能です。

3. その他特徴

 ①50Mプール・25Mプールのいずれにもプールの端から5Mの旗がありません(両端)。背泳ぎをする時はたまに壁までの距離を確認しなければなりません。

 ②キャップ・ゴーグルは無くても入れます

 ③ビーチボール、浮き輪等の持ち込みが可能です。

 ③通常時は売店があります。現在はコロナのため営業していません。

 ④プールはずっとラジオが流れています。レジャープールあるあるですね。

 ⑤現在はコロナ対策で人が多い日(土日祝等)は事前申し込みが必要になっているので利用前は確認が必須です。→リンク|神戸市立王子スポーツセンター

 ⑥プールから坂を下りたところに王子動物園があります。パンダが有名です。

動物園(筆者撮影)

4. 総評・ギャラリー

 5点満点で2

 旗が無い等、泳ぎに行こうと思って行くようなプールではありません。行くならレジャー用プールとして割り切る必要があります。「泳ぎ」に行くのではなく「遊び」に行くなら大いにアリです。動物園がほぼ隣接しているのでプールと動物園で丸一日遊べます。